クラゲに刺されたら対処できますか?これだけ知っておけば何とかできる対策と予防

も本番に近づいてきました。

関東に関しては、今年は雨が少ないですね。

そのため東京湾は赤潮に悩まされています。

真っ赤っか&異臭騒ぎです…。

 

そんなこんなで、

私は今日外房に逃げ込んできました。

 

ちまたでは夏休みに入った地域もあり、

夏真っ盛りといった感じですね!

 

夏は海ですか?山ですか?

私は海派です!

 

でも、

海って危険生物いっぱいいるんですよね…。

もちろん山にもたくさんいますが。

 

今回は、海の要注意生物クラゲについて書こうと思います。




比較的安全なクラゲの種類

 

『海』の『月』と書いて『くらげ』

『水』の『母』と書いて『くらげ』

とても幻想的な名前。

『くらげ』を『海月』もしくは『水母』と読もうとした方を、

猛烈にロマンチストで尊敬しています。。。

 危険度★☆☆☆☆ ミズクラゲ

危険なクラゲたち

比較的安全なミズクラゲ

サイズ・・・手のひらサイズ
色・・・美しい青みがかった透明
生息域・・・ほぼ全国の沿岸
よく見るクラゲです。
海に行くと透明でホヨホヨと漂っています。
触れると刺す時もありますが、
毒性は弱く大して危険な種類ではありません。

危険度★★★☆☆ アカクラゲ

危険なクラゲの種類

わりかし痛いアカクラゲ

サイズ・・・傘は手のひらサイズ。触手は長く30cmから、大きいものは2m!!
色・・・茶色。傘に赤っぽい筋が通っている。
生息域・・・ほぼ全国の沿岸

そこまで毒性の強くないものの、

刺されるとなかなかの痛みが伴います。

そして、大概の海にいます。

夏の時期になるとやってきます。

打ち上げられています。

 

海で見かけたらとにかく触らない、近づかないようにしましょう。

ここからは危険なクラゲの種類です…

危険度★★★★★ アンドンクラゲ

危険なクラゲ

要注意アンドンクラゲ

<出典:blogimg.goo.ne.jp>
サイズ・・・傘は3〜5cm程度。触手は50cmほど
色・・・美しい透明
生息域・・・ほぼ全国沿岸

とにかく強烈。

お盆時期から現れると言われていますが、

最近の温暖化、異常気象の影響で早い時期から現れ出しています。

「電気くらげ」とも呼ばれており、とにかく痛いのがこのクラゲ。

見た目はとても美しい種類なのですが、

関東太平洋でも漂っているのを見た事があるので、

見つけたらとにかく注意しましょう。

 危険度★★★★★・・・★ カツオノエボシ

危険なくらげの種類

とても綺麗なカツオノエボシ

サイズ・・・傘は5cm程度。触手は長く最長50m(メートル!)と言われる。
色・・・美しいブルー
生息地・・・ほぼ全国の沿岸

傘の部分が烏帽子の様な形になっている、

カツオが回遊してくる時期に現れる事から命名されたカツオノエボシ。

カツオノエボシが怖い

画像は八戸えんぶりの烏帽子

この種類はとにかくヤバい。

猛毒である。

アナフィラキシーショックも発症するクラスの怪物クラゲである。

とにかく注意が必要です。

このカツオノエボシ、

普段はあまり見かけないのだが、

主に夏から秋、そう、台風の季節になると現れる。

風に乗ってユラユラと私たちが楽しんでいる海水浴場へ、

あの子へ声をかけようか、夏の日差しが似合うビキニギャルに目を癒されている時に、

虎視眈々と、私たちの夏へ忍び寄ってきているのだ。

 

ただしこの恐怖種のカツオノエボシ、

唯一の回避策がある。

 

それは、

目視ができるという事だ。

烏帽子のような傘部分は、

だいたい水面に浮いている。

そのため、他のクラゲと比べて目視が容易なのである。

 

そのため、海に入る前に、青い烏帽子が浮いていたら、

絶対に海に入るのはやめましょう。

 

毎年台風時期極上の波が訪れる湘南には、

必ずカツオノエボシが現れる。

 

私は一度触手かすった事あります。

痛くて放心状態になりました。

危険度 ★★★★★・・・★★★ ハブクラゲ

危険なクラゲの種類

猛毒ハブクラゲ

<出典:http://www.pref.okinawa.jp/>
サイズ・・・傘は15cm程度。触手は長くて1.5m。
色・・・半透明
生息地・・・沖縄県

読んで字の如く。

ハブ並、もしくはそれ以上の毒を持つハブクラゲです。

とにかく最強です。

沖縄県で海水浴場で楽しむ時には、

ハブクラゲ防護ネットを設置している海で泳ぐようにしましょう。

ハブクラゲに注意

防護ネットのない海

クラゲに刺された時の対策

クラゲに刺された時の対策として、

砂で洗い流す、

水で洗う、

やっていませんか?

絶対にNGです。

 ①触手をピンセットで取る

直接触ってはいけません。

その手にまた針が襲いかかります。

②海水で洗い流す

真水で洗い流すのはダメです。

触手を刺激して、再度針の抵抗に襲われます。

③酢をかける

この方法は要注意です。

どのクラゲに刺されたか明確ではない場合、

絶対に行わないでください。

酢が効くのは、

ハブクラゲとアンドンクラゲだけです。

その他のクラゲは逆に刺激して再度針に襲われるだけです。

④消毒をして氷水に浸す

あとは腕を労ってあげて病院へ行きましょう。

クラゲに刺されたら何があるか分かりません。

容態の急変なども起こり得ますので、

必ず専門医に処方してもらいましょう。

 なぜクラゲ同士刺し合わないのか?

クラゲフィッシュ

クラゲの中にいても刺されない魚

クラゲだってむやみやたらに刺しまくっている訳ではありません。

あくまで自衛のために刺しているのです。

 

クラゲがたくさんいたらクラゲ同士喧嘩しないのか。

案外疑問ですよね?

クラゲは、

同じ種類の場合、

触手で仲間を認識する事ができるため、

毒針を発射する事がないのです。

 

こちらの記事を参考にさせて頂きました。
くらげの不思議な世界

 クラゲに刺されないための対策

海に入る前に波打ち際を確認する

風や波が強い日は、

クラゲが打ち上がっている事があります。

そのような日は、

海の中にもクラゲがいる可能性が高いです。

 

一緒に行っている友人等、相談しながら、

海に入るかどうかを決めましょう。

 ネット等の情報で出現情報を確認する

クラゲがあまりに発生すると、

ニュースでも取り上げられたりしますが、

リアルタイムの情報を得るのは難しいものです。

 

クラゲの危険に概ね多く晒されている人としては、

サーファーが多いです。

 

特に波情報サイト「波伝説」は、

クラゲが発生すると、ポイントの概況ごとにクラゲ発生の

情報を記載してくれます。

 

アカクラゲやアンドンクラゲ等、

あまり打ち上がらないクラゲに関しての記載は難しいですが、

カツオノエボシに関してしっかりと記載してくれるので大変便利です。

対クラゲ用日焼け止めクリームを使う

前項で記述した内容に、

クラゲ同士は刺さないという内容を書きましたが、

人間がクラゲに刺されない様にするには、

人間もクラゲの仲間と思わせればいいのです。

私は海月ですよと・・・。

 

人間に触手が付いても、

「これは仲間だ」とクラゲに思わせ

刺されない様にする成分が入った日焼け止めクリームがあります。

セーフシーHP

セーフシー オフィシャルHP

クラゲと共に泳ぐ少女のタフさに全て持って行かれている感じですが、

これがまた効く。

 

実際にこれをつけてクラゲに触れた事はないですが、

(触れていても刺されていないだけかもしれませんが!)

口コミでたくさんの情報があるので探してみるのも楽しいと思います。

 まとめ

 

クラゲ対策を知る

  • 主に日本に分布するクラゲの種類を知る
  • クラゲの応急処置、対策を知る
  • クラゲの予防対策を知る

 

今回、

夏本番、

クラゲについて書きました。

とても幻想的なクラゲ。

水族館で見ればとても綺麗ですが、

海で見ればとても怖い生き物です。

 

しかし、

彼らの住処へ入らせてもらっているという意識を持つ事も必要です。

大人にも子供にも、

楽しい夏を過ごしてもらうために、

クラゲと上手く向き合う事ができたら嬉しいです。

 

スポンサーサイト



ビーチライフを応援するおしゃれサイト