前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
魚レシピ

東京湾のシーバス、魚は食べられるのか?とりあえず食べてみた…

初めて釣ったシーバス
何となく食べるのは抵抗ありましたが、
美味しく食べさせて頂きました。

せっかく釣れたシーバスなので、
新鮮な状態で食べたいですよね( ^ω^ )

そこで今回は、
シーバスを美味しく食べる方法をご紹介したいと思います。

シーバスは食べられるの?

東京湾で釣れたシーバス、東京湾自体が工場地帯で、
なんとなく抵抗ありますよね。
私も少し抵抗はありました。
しかしよく考えてみると、

東京湾は魚が豊富で、世界一多くの魚種がいるとまで言われているのも事実です。

しらすなども神奈川の名産だったりしますし、
採ってすぐじゃないと食べられない生しらすなんて、
めったに食べられる物ではない!

確かに外海と比べると汚れているかもしれませんが、
東京湾は少しづつ綺麗になっているのが事実です。

しかし、よく『居着きの魚は食べられない』というのも聞きます。
『居着き』とは、その場所に留まり生活している魚の事

常に工場排水等に晒されていたり、
その水域の土に紛れている物を食べていて、
体が黒くなっていくのが居着きの魚です。


こういった魚は食べない方がいいでしょう。
ここまでのシーバスは見た事ありませんが、
こちらのブログ運営者さんも、ブラックバスかと思ったほどとの事…

一方食べられるシーバスは、
体が銀色です。
綺麗です。

実に美味しそうな色ですね( ^ω^ )

こういった魚体はお刺身にしても美味との事…

釣ったらすぐ締めよう!

お持ち帰り目的でシーバスを釣る場合、
釣り上げたらすぐ締めましょう!
キャッチ&リリースもありですが、私は食べる目的でシーバス釣りをしています。
なんといっても美味しいから( ^ω^ )

反感を買うかもしれませんが、
それぞれある楽しみのうち、どちらかというと針にひっかけて
弱った魚をリリースして死なせてしまうのではないか?という気持ちもあります。
それなら、釣ったのならちゃんと食べよう
それが私の楽しみ方です。

そもそもなぜ締めるのか?

魚は生きていれば鮮度がいい!というわけではありません!
私も最初はやっていました。クーラーボックスに大量の魚を入れて、生かしておく…。
それでは魚がストレスを感じてしまいます…。
そのストレスを魚が感じると、うまみ成分であるアミノ酸が分解されてしまうのです。
また、暴れれば身に血が滲んでしまい、魚肉に血の生臭さが移ってしまうしまうのも事実。
こういった事がクーラーボックスで起きてしまうのですから、
釣ったら多くのストレスを感じさせてしまう前に、
一気に締めるのが美味しく食べる方法。魚への敬意だと思っています。
必ず覚えておきたいのは、
『生きているから新鮮ではない』という事。

締め方にも種類がある

氷締め

釣ったら氷を入れた海水に入れて締めるやり方(やった事ありません)

活け締め

エラの間から一気に脊髄を断ち切る締め方(一番簡単???)

神経締め

現在はこの方法が一番良いとされています。
魚にも余計なストレスを与えず、
かつ心臓は動いている状態なので、
血抜きがうまくいくそうです。

こちらの方の動画が見ていて非常に分かり易かったです。

死後硬直がないので、
食べる時の身の柔らかさが全然違うようですね!

この動画で使っているのは、
神経締め用の道具。
です。
神経締めが非常にやりやすそうなので、
私も今度挑戦してみようと思っています。

神経締めは、エラを切ってやるパターンもあったりと、方法はそれぞれのようです。
血抜きの事を考えるとエラを切る方がいいのでしょう。

活き締め、神経締めをしたあとは、海水に10分ほど頭から入れると血が抜けます。

釣った魚を食べる

今回釣ったシーバスは刺身にして食べました。
捌いていると、バチを食べていたようです。
千葉港のバチ抜けはまだ起きているようですね♪

今回は締めたりしなかったので、
少し水っぽい感じがしましたが、刺身で食べてもとても美味しかったです。

ルンちゃんも興味津々…

翌日、試しにスーパーに売っているスズキの刺身買って食べてみました。

ふむふむ…

柔らかさが違いました!
やはり締めるのかなり大事なようですねw

美味しく食べるためのまとめ

・東京湾だから食べれないという事はない
・居着きはリリースしよう
・今メジャーな締め方は神経締め
・食べる事が目的なら、釣ったらすぐ締めよう
・アラ汁も美味w

私も今度は神経締めに挑戦してみようと思います!
そのためには釣らねば!
明日はジム終わりに千葉港行きますよ!
潮目はいいはず!
でも前回の記事で潮目は気にせずポイント通おうと言っているので、
時間は気にせずやっていきます!

キープフィッシン!!