前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
釣りをする

シーバス初心者がバックラッシュを5割減らすベイトリールの投げ方とブレーキ調整

千葉にて

も終わりが近づき、

そろそろ秋のシーバスシーズンが近づいてきました。

 

私は去年の冬にシーバスを始めたばかりの初心者・・・。

しかしながら、

 

人生初めての引きを味あわせてくれた、

56cmのシーバスも釣り上げました。
東京湾のシーバスを食す。汚いと言われている東京湾の魚の味をレポート

 

この時はエクスセンスDC12’を使っていたとはいえ、

バックラッシュは日常茶飯事の事でした。

 

しかし最近は、

バックラッシュの回数もかなり減り、

飛距離もかなり出るようになってきています。

 

いったいどうしてバックラッシュを少なくして、

飛距離も出せるようになったのか?

 

今回はその事について書いていきたいと思います。


バックラッシュと常に隣り合わせ。ベイトリールは諸刃の刃

 

ベイトリールは飛距離を出そうと思いっきり振ると、

その反動でスプールがいっきに回転し、

ラインだけが出てしまう状態になり、

出たライン同士が絡まってしまう、

いわゆるバックラッシュが必ずと言って良いほど起きてしまいます。

修復不可能なバックラッシュ修復不可能なバックラッシュ

初心者の方、

ベイトリールを初めて使う方は、

ほぼ100%起こります。

 

いかにバックラッシュの回数を少なくするかが、

ベイトリールとのうまい付き合い方です。

バックラッシュを少なくする投げ方

 

スピニングリールの場合、

思いっきり投げても、

ラインが出て行ってくれるので、

ラインが絡まる事はあまりありません。

そのため、

スピニングリールはフルキャストに向いています。

よく、

隣の人が『バビュン!!』とかっこいい音を立てて

キャストしているのを見ますよね?

 

↓釣りよかでしょうの動画を引用します。釣りよかさんいつも楽しませてもらってます٩( ᐛ )و
良い音のキャスティングから再生されます。

風を切ってすごく気持ちのいいものです。

 

ベイトリールの場合、

この投げ方だと普通バックラッシュが起きやすくなります。

 

ベイトリールは、初速が速ければ速いほど一気にラインが出ます。

そのため、スプールが思った以上に回転してしまい、

バックラッシュするのです。

 

それを防ぐには、

キャスティング時、少し早めにラインから指を離す事です。

方向で言うと、12時の方向、ほぼ真上で離すイメージ。

どういう事かというと、

ロッドを振りかぶりきった時に指を離してラインを出すと、

振りかぶった全ての力がルアーに乗ってしまい、

速い初速でラインが一気に出てバックラッシュしやすくなるのです。


12時の方向でラインを指から離す。

こうする事で、ラインが一気に出過ぎる事を防ぎます。

↓辺見先生が分かりやすく解説してくれています。

ロッドはテコの原理を使う

 

腕の力に頼りすぎるのは良くありません。

余計な力が、余計な初速に繋がってしまいます。

両手で投げる時は、ロッドに下部分を持っている手を

脇に持ってくるイメージで、スッと投げましょう。

スムーズに力が竿先まで伝わり、

ルアーが飛んで行ってくれます。

ベイトリールのバックラッシュしないブレーキ調整

 

ベイトリールのブレーキ調整は、

慣れるしかありません。

慣れるまでは、

とにかく強めに設定しましょう。

 

私の場合、

最初はとにかく飛距離が出したくて、

ほぼノーブレーキ状態でやっていましたが、

カックンバックラや高切れを起こしてしまい、

何個ルアーをロストした事やら・・・。

 

意外と、

ブレーキを強めに調整する分、

振りかぶりが思いっきりできるので、

結果飛距離が出るという結果に繋がります。

対シーバス最強リール エクスセンスDC

 

飛距離を求められるシーバスゲームで、

最強と言われているベイトリールはSHIMANO エクスセンス DCです。

 

私はエクスセンスDC12をロストしてから、

このエクスセンスDC17をを愛用していますが、

慣れてしまえばバックラッシュなんてほぼありません。
EXSENCE DC 17と12 両方使用した感想を10分でインプレする

 

飛距離も断然出ます。

 

釣りを楽しむなら、

1つは良いリールを持っておく事も、

長く釣りを楽しむ秘訣ではないでしょうか?

何より、

綺麗にルアーを飛ばせた時の爽快感が半端ないです。

まとめ

 

ベイトリールでバックラッシュを減らすには・・・

  1. 投げ方を変えてみる
  2. ブレーキ調整は強めに設定する

 

特にブレーキ調整は大事です。

案外強く設定してもかっ飛びます。

強くした分思いっきり振りかぶる事ができるので。

どのベイトリールにも言える事ですので、

ぜひ実践してみてくださいね(╹◡╹)

スポンサーリンク
車中泊もオフロードも頼りになる