前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
釣りをする

【秋のシーバスシーズン到来!】秋シーバスを攻略する絶対おすすめ定番ルアー

イワシパターン シーバス

10月になりました。
楽しい釣りライフは送っていますか?

日中もとても過ごしやすい気温になり、外で釣りをするにはとても過ごしやすい季節です。

暑すぎず寒すぎずとても過ごしやすい季節。それが秋です。
シーバスにとってもそれは、同じ事なんです。

シーバスが釣れやすい時期は春と秋。
その秋についに突入しました。

秋のシーバスとは?

秋の夕暮れ秋の夕暮れ

とにかくシーバスが釣れやすい春と秋。秋のシーバスは、体力もしっかり回復していて、ファイトもとにかく楽しい!
このサイズでもこんなに引くのか!?と思う事もあります。

そして、とにかくアタリが多いのが秋なんです!

そもそもなぜ秋はシーバスは狙いやすくなるのか?

それは、
シーバス含め、多くの魚、動物は、厳しい冬を乗り越えなくてはなりません。
また、子孫を残すために産卵をしなければいけません。

シーバスの産卵期は冬です。

産卵期を迎え、栄養をたくさんとって元気な卵を産むために、秋にたくさんのベイトを捕食します。
そのため、秋には血気盛んな荒食いをするシーバスに出会える可能性がグッとあがるのです。

秋シーバス秋シーバス

秋シーバスの特徴

秋に釣れるシーバスの特徴は、とにかく太い!!
産卵を控え、多くのベイトを捕食しているため、体つきがガッチリとしている個体が多いです。
そのため、フッキングからランディングまでのファイトは、シーバスアングラーのみならず、多くのアングラーたちを虜にするパワーをも秘めています。
それが秋シーバスなんです。

秋のシーバスパターン

①イワシパターン

イワシパターン シーバスイワシパターン

イワシは日本全国多くの海に生息しています。
そのイワシが漁港に接岸するその時こそイワシパターンです。

イワシを追って、腹ペコのシーバスは内湾までやってきます。

イワシはいつ接岸するの?
はっきり言って気まぐれです。なんの変哲も無い潮周りの時にいる時もあれば、雨の後にいる時もある。

どっちにしろ、シーバスが今イワシを食っているのか?
見極める事が大切です。

イワシパターンでシーバスに効くルアーはローリングベイトです。
見た目も完全にイワシ。泳がせ方も、早巻きと遅巻きで異なった泳ぎをしてくれるため、ベイトとしてシーバスも見ます。

ルアーながら、あまりに釣れる事からシーバスのエサと呼ばれているコアマン VJ-16もかなりおすすめ。16gながら遠投性能もかなりのもの。かっ飛びます。泳ぎも尻っぽぷりぷりでとても可愛いです。

②サヨリパターン

シーバス サヨリサヨリパターン

秋に港湾内にたくさんいるのがサヨリです。
刺身や天ぷらにして食べても美味しいサヨリ。この時期は脂ものっていて、シーバスじゃなくてサヨリをたくさん釣って帰ってもいいんじゃないか?というほど、
サヨリは美味しいです。

肝心のシーバス、サヨリもしっかりと捕食します。
サヨリの下顎痛くないのかな?と思いますが、シーバスはお尻から捕食するので大丈夫なようです。

なかなか難しいシーバスのサヨリパターン

秋は本当にサヨリが多いです。
そういった状況で、ルアーを食わせるのは至難の技。
いったいどうやってサヨリパターンで食わせるのか?

シーバスも動物です。野生の感があります。野生の動物はあえて元気な捕食対象を追いかけません。少しでも自分の体力は温存して、食料にありつきたい。
危険を伴う狩りを野生の動物はまずしません。
たまたま目の前を通ったら食べるものの、無駄に体力を使う狩りはしないものです。

つまり、弱っているサヨリをルアーで演出するのが、サヨリパターン攻略の近道です。
弱っている魚、元気な魚を演出できるのは、ルアーを操る人間なので、その事を理解しなければ、
サヨリパターンは難しくなります。港湾内に大量にいるサヨリから自分のルアーを見つけてもらわなければならないので、
思い切って弱ったサヨリを演出しましょう。シーバスがかかった時の喜びはとにかく大きいです。

サヨリパターン用のルアー

ほよほよと泳ぐので、ただ巻きが最大限のアピール力を発揮します。

レンジを探れるブレード系ルアー

イワシパターン、サヨリパターンの他に、シーバスがベイトを捕食する秋に大きな力を発揮するのが、
コアマンのブレード系ルアーです。

ルアーを引くとクルクルと後ろのブレードが回り、強烈な集魚力を発揮します。
ローリングベイトもどんなルアーも効かなけれ、コアマンのブレードに頼ろう。
はっきり言ってメインで使っている人も多い。

トップからボトムもジックリと探る事ができるので、
基本ただ巻きでOKだが、魚を探るゲーム性もしっかりとあるので、使っていて楽しいルアーです。

飛距離が求められる秋シーバス

春のシーバスの場合、ベイトではなくバチを捕食しているので、潮の流れの最終地点(足元)でも釣れるため、大した飛距離がなくてもシーバスゲームは楽しめます。
秋の場合、ベイトがいる所にシーバスはいます。
ベイトがいる所→→→プランクトンがいる所
プランクトンがいる所→→→流れが発生している所

潮の流れめ(潮目)までルアーが届かなければ、ヒットの可能性が下がってしまうの当然です。
ある程度のタックル、スキルは備えておくのが、秋シーバスを楽しむコツとも言えます。

飛ぶリールと飛ばせるラインについてまとめていますのでご覧ください。
EXSENCE DC 17と12 両方使用した感想を10分でインプレする2
YGK G-soul X8 UPGRADEを実際使ってビビる…

秋が過ぎると釣れにくい冬に・・・。

シーバスは冬には産卵のため海の遥か彼方、沖の方へ行ってしまいます。
ほとんど釣れない時期になってしまうんです。
冬でも釣れない事はないのですが、釣れる個体は居着きのシーバス。
キャッチ&イートをしている場合、食べる事はおすすめできない個体です。

秋のシーバスを楽しみましょう。
この時期を逃さず楽しみましょう。
潮目なんて関係ない!私は大潮、中潮の大人気の潮回りでは釣った事ありません!

今日も素敵なシーバスライフを・・・(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾