前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
魚レシピ

食材を無駄にしない!ちょっと一手間簡単男飯【ぶり大根】

シャキッとして美味

夏も暮れ、すっかり秋になりました。
朝晩の気温差で風邪引いていませんか?

この季節は急に冷えたりするので、
風邪には気をつけましょうね!

今回は、
これから冬の季節になると旬を迎える鰤(ぶり)の男飯です!

スポンサーリンク


食材を全て食べる!一手間簡単男飯【ぶり大根】

最後に生姜とミョウガを添えて最後に生姜とミョウガを添えて

【ぶり大根】レシピ

【準備するもの】
●メイン
大根・・・1/3本
大根の葉っぱ・・・1/2束

●出汁
昆布・・・1/2本
生姜・・・1個

料理酒・・・少々&大さじ5
砂糖・・・大さじ4
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ1

●薬味
生姜・・・適量
ミョウガ・・・適量

1、鍋に水適量と昆布を入れ中火にかける。
沸騰する前に昆布を取り出す。

2、昆布を取り出したお湯にぶりの切り身、アラを入れて再度中火にかける。
沸騰したら切り身だけをすぐに取り出し氷水につける。

3、大根を2cm程度の厚みで輪切りにすし、皮をむく。
煮崩れを防ぐため、コンビニにあるおでんの様にフチを切り取る。
味が染み込みやすいように表面に十字の切れ目をいれる。
(切るという感覚より、十字になぞって切れ目を入れる感覚でOK)

大根のフチを切る大根のフチを切る
十字の隠し包丁十字の隠し包丁

4、
料理酒・・・大さじ5
砂糖・・・大さじ4
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ1
を鍋に入れ、
好みのサイズに切った生姜と大根を鍋に入れて弱火にかけて5分煮詰める。

大根を寝かせる大根を寝かせる

5分たったら火を止めて大根の葉っぱを入れる。
蓋をしてしばらく放置。

大根の葉っぱも使う大根の葉っぱも使う

5、
新しい生姜と、ミョウガを千切りにし、熱に慣らしたぶり大根に添えれば完成。

煮崩れしにくい煮崩れしにくい

大根の皮と昆布も食べよう

シャキッとして美味シャキッとして美味

剥いた大根の皮とフチ取りで削いだ部分、出汁で使った昆布は千切りにしてみましょう。
野菜は皮の部分に豊富な栄養が含まれています。
そこを食べない手はありません。辛いのが好きなら、大根のお刺身は刺激たっぷり!
醤油と昆布が味をまろやかにしてくれるので、お酒のおつまみにぴったりです!

大根の葉っぱも栄養満点です。
こちらの記事に大根の葉っぱレシピも書いてるのでぜひ。
大根の葉っぱは捨てないで!栄養満点男飯レシピ【大根のお刺身】

ぶりの栄養

  1. ナイアシン・・・二日酔いの緩和(ホルムアルデヒドの分解の促進)
  2. ビタミンD・・・骨粗鬆症予防(カリウム、リンの吸収の促進)

大根の栄養とぶりの栄養。2つの栄養を美味しく摂って美味しく身体にしていきましょう。
いつも捨てている食材も、ちょっとした一手間で美味しいお酒のおつまみになります。

ぜひ挑戦してみて下さい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

スポンサーリンク