前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
ブログを作る

A8.netの広告リンクが終了するとどうなる?見慣れない広告が表示されたら要注意!

はりっぱくんの設定画面

A8.netの広告も一生物ではありません。
ASPサイト、A8.netの広告リンクも、いかなる商材も、いつか終わりがきます。

A8から広告終了のお知らせは来てるけど、記事の数が増えれば増えるほど、大体がどの記事に貼ったのか分からなくて記事を頭から読み直してしまったり、記事内のどこらへんに貼ったのかも全く分からなくなってしまったりします。

終了した広告を探す作業って意外と辛いんですよね。集中力も途切れてしまえば、途中で誤字脱字が見つかってしまって手直しをして時間掛かったり・・・。

このジャンルの記事に貼ったはず!と読んでいっても全くの的外れな事もしばしば・・・。

まだ画像でリンクを貼っている場合はマシなんです。なかなかリンクを見つけられず厄介なのが、広告文字でリンクを貼っている場合です。文字でリンクしている場合は、アンダーバーが文字にされているとはいえ、流し読みでは見逃してしまう可能性が大きいです。

しかしながら、現状A8.netにはリンクエラーチェッカーのようなものはなく、

  1. A8から広告商材終了予告がメールで届く。
  2. 終了商材がどの記事に貼られているか探しまくる。
  3. リンクを消すか別の広告に貼り替える。

という作業を行わなければなりません。

A8.netの広告が終了したらどうなるのか?

探しても探しても見つからない!!いったいどうすればいいか分からない!!どうしよう!
と悩んでいるのはあなただけではありません。私もそうです。

しかし、ここは一旦落ち着きましょう。
ありがたい事に、A8.netは親切なもので、提携している広告が終了した場合、自動で別の広告に張り替えてくれているんです。

A8.netで終了した広告は何に変わるのか?

下記の広告に見覚えはないだろうか?

↓↓↓



【coreda!】
いやいや、どれだwどなただ!あんたなんか貼っていない!

貼った記憶もないようなランキングサイトに飛んでいきましたよね?
そうですこれが、A8.net掲載終了広告の代替え広告です。

掲載が終了している広告は、全てこのランキングサイト【coreda!】に変更されます。

前項で書いた通り、画像での広告リンクを貼っている場合は、この画像を探せばすぐ見つけられるので問題ないですので、記事内を流し読みして【coreda!】を探しましょう。見つけた時には思いっきり「これだ!」と言ってやりましょう。

画像リンクを見つけるのは容易なものの、大変なのがテキストリンクなんですね。残念ながら、このテキストリンクの場合、そのままでは見分ける事が難しく、クリックするか文字内容を読んで広告の内容を判断するしか最適な判別方法がないのが現状です。大変だと思いますが、テキストリンクをしている場合は、どの記事にどの広告を貼っているのかメモをとっておくのが無難です。

メンテナンスのされていないブログはアクセス減少に繋がります。大変でも一つ一つ対処していきましょう。

A8.netの広告を自動更新してくれる【はりっぱくん】

A8.netのプラグラムには、【はりっぱくん】というキーワードさえ設定しておけば、そのキーワードに見合った広告を自動選定してくれるプログラムがあります。

A8の広告は貼っておきたいけど、まだどのプログラムと提携しようか迷っている、とりあえず貼っておきたい場合におすすめです。

はりっぱくんの設定画面はりっぱくんの設定画面

キーワード【パソコン】




キーワード【ゲーム】



キーワード【映画】



キーワード【釣り】



しっくり来ない商品も多々ありますが、とりあえず貼っておく分にはありですね。

このはりっぱくんを使うには、A8.net
にてアフィリエイト登録する必要があります。登録後、プログラム提携の申請をするとすぐに承認がおりますので、晴れてはりっぱくんを使えるようになります。

はりっぱくんはあくまでも臨時広告として考える

はりっぱくんはキーワード設定で広告を色々変えてくれてとても役立つプログラムなのですが、実際あなたがこの広告を見てみてどうでしょうか?

見づらいですよね?あまり興味わきませんよね?クリックしようと思いませんよね?
そうです、このはりっぱくん、キーワードで自動に広告を設定してくれているにしても、いまいち「それじゃない感」の商品リンクを貼ってくる事もしばしばなんです。この現象はどうしようもありません。A8.net
にプログラム提携するのなら、はりっぱくんに任せっきりにならず、自分が紹介したいプログラムを載せましょう。

はりっぱくんは臨時の広告貼り付け手段です。
常態化はさせず、あなたの記事に合うプログラムに参加して記事を書いていきましょう。

スポンサーリンク