前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
ブログを作る

WordPressプラグイン【AddQuicktag】を初心者が初心者目線で解説

AddQuicktagをインストールしてショートコードのインポートも完了したら、実際にAddQuicktagを使ってみましょう!
使い方はとても簡単!そしてとっても便利!!

check前回の記事はこちら!
[kanren postid=”2566″]

スポンサーリンク



AddQuicktagの使い方

AddQuicktagの編集

AddQuicktagの編集AddQuicktagの編集

手順説明

  1. WordPressダッシュボード画面の【設定】をクリック
  2. 【AddQuicktag】が選べるようになるのでクリックすると、上記の画面になります

そこから・・・

AddQuicktag-howto03ショートコード入力手順

手順説明

  1. 画面を真ん中位までスクロール
  2. 新規作成できるエリアが出てくるのでボタン名を入力(分かりやすい好きな名前でOK)
  3. 開始タグを入力 赤文字にしたければ<font color=”red”>と入力
  4. 終了タグを入力 赤文字の終了コード</font>を入力
  5. 右にあるボックスをクリックしてボックスに全部チェックを入れる(一番右をクリックすれば全部にチェック入ります)
  6. 変更を保存をクリック(よく忘れるので注意です)

すると・・・

AddQuicktagでショートコードが追加される場所

記事編集画面のテキスト編集の場合、
赤枠のエリアに表示されます。

【テキスト】ショートコードの追加エリア【テキスト】ショートコードの追加エリア

ビジュアル編集の場合、

【ビジュアル】ショートコードの追加エリア【ビジュアル】ショートコードの追加エリア
  • テキスト編集・・・装飾のHTML等、全てが文字で表示される編集
  • ビジュアル編集・・・文字色やサイズなどWordのような操作感覚で変更できます。変化もそのまま見れるので分かりやすい

ビジュアルといっても、すべてのHTML装飾を表示してくれる訳ではないので私はテキスト編集で記事を書いています。上記の星マークの枠線はビジュアルでは表示されません。プレビューで確認する必要があります。

記事編集のテキストかビジュアルの変更はここから選択します。

テキストとビジュアルの変更テキストとビジュアルの変更

ショートコードの場所さえ分かればあとは記事を作成している時に、装飾したい文字にカーソルを合わせてショートコードのボタンをクリックするだけです。
どうですか?とっても簡単ですよね?
自分で好みのショートコードを編集すれば、赤文字にする事も、文字のサイズを大きくする事も簡単にできるようになります。テーマの編集からCSSを編集すれば、枠線も簡単に追加する事もできますので、記事のクオリティがグッとあがりますよ(๑╹ω╹๑ )

スポンサーリンク