前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
男の乗り物

【で、結局どれがいいの?】情報多すぎ!あなたに本当に必要なドライブレコーダー教えます。

ライブレコーダーを付けたい。付けたいけどいったいどれがいいのか分からない。色々調べて見ても画質とか角度とか、情報も機種も多すぎてどれがいいのか全く分からない!

そんなあなたのために、実際にあなたが選ぶべきドライブレコーダーを3つに絞りましたので参考にしてください。

ドライブレコーダーで必要な機能はこちらで詳しく書いています。
[kanren postid=”1945″]

上記の記事でも書いていますが、ドライブレコーダーで最低限必要な機能ですが、
[aside type=”boader”]

  • 画素数200万画素以上かどうか
  • GPSを搭載しているかどうか
  • 駐車監視機能があるかどうか

  • [/aside]

    がドライブレコーダーを選ぶ際の基準だと思ってください。最近出ているドライブレコーダーは、ほとんどのものがLED信号機にも対応していますし、撮れる範囲の画角も十分なので、細かい内容の説明は省きます。

    スポンサーリンク


    ①駐車監視機能を重視したい場合

    ドラレコに駐車監視機能は本当に必要なのでしょうか?

    [aside]駐車監視機能とは
    おもに当て逃げの証拠を残すための機能です。コンビニやスーパーに車を停めていて、万が一当て逃げされた際、車を当てられた衝撃に反応してドライブレコーダーが起動して動画を記録し始めます。
    [/aside]

    駐車監視機能を理解しよう

    まずあなた自身が、駐車監視機能に何を求めるのか想像してみてください。

    1. スーパーで買い物を終えて帰る時、停めていた車に今までなかったはずの大きい凹みがあった
    2. いつのまにか車の横に大きい傷が入っていた
    3. 車の周りをウロウロしている人を見かけたので証拠で押さえておきたい

    こういった理由が過去にあったので駐車監視機能をつけたいという場合が多いのではないでしょうか?
    ②と③が理由の場合なら、駐車監視機能付きのドラレコにこだわる必要はありません。なぜなら、ほとんどの場合が駐車監視機能はその期待に答えられないからです。

    ②が理由の場合・・・

    車がぶつかる位のある程度強い衝撃じゃなければドラレコは起動しません。車に傷をつけられる、いわゆる10円パンチ等のいたずら程度の感触で起動する事はまずありません。

    ③が理由の場合・・・

    今のドラレコは、エンジンを切っていても、ドラレコが撮れる範囲内に人がウロウロすると起動して録画を始める駐車監視機能が付いているものもあります。注意してもらいたいのは、ウロつきセンサーに反応するのはドラレコが撮れる範囲内だけという事です。つまり前方だけですね。

    果たして犯人は車内が見えづらいボンネットの前から車内を覗き込むでしょうか?車上狙いの犯人にしても、あえて車の真っ正面をただひたすらウロウロするという事はないでしょう。普通、車の横から覗き込みますよね。車の横はドラレコの死角になってしまい、反応する事はありません。

    それでも車に傷付けられたら嫌!許せない!!という場合は、Yupiteru製の【S10】を選んでください。

    このドライブレコーダーは、簡易セキュリティの機能付きで、撮れる範囲は360°の全方位。車の前でも横でも後ろでも、人がウロウロするとセンサーが反応して録画を開始します。

    しかしこのドライブレコーダー、画素数は少なめの100万画素です。また、取り付けが出来てもセキュリティ機能の設定が大変なため、ネットではなく取り扱っているカー用品店での購入がおすすめです。

    Yupiteru公式HP

    ②最低限前だけ撮れればいい場合

    とりあえずドラレコの重要性は分かっているけどそこまで高性能なものはいらない。いざ何かあった時に自分の味方になってくれるドラレコを付けたい!

    その場合は、KENWOD製の【DRV-830】が非常に良いです。

    画素数も約370万画素で画角も144°とドラレコとして充分なスペック。

    駐車監視機能はおまけ機能

    駐車監視機能はあるに越した事はありません。商品によっては、バッテリー上がりの原因になったりします。ハイブリッド車や、車をほとんど動かさない(週に2〜3回程度)場合、エンジンを切ってから駐車モードに移行できなくてわざわざオプションで取り付けした意味がなくなってしまうケースもあります。

    車のエンジンを切ってから駐車待機モードに移行し衝撃に反応→衝撃の前後10秒を記録するモデルの場合や、エンジンを切ってから3時間〜12時間ひたすら記録をするモデルの場合、車のバッテリーを多く使ってしまい、バッテリーあがりの可能性が出てきます。

    KENWOD製の【DRV-830】は、バッテリー上がりの心配がありません。衝撃に反応してから数秒で起動するため、車のエンジンを切っている時は完全におやすみモードのため、衝撃がない限りは非常に微弱な電力しか使わないからです。(オプション:CA-DR100が必要)

    しかし、駐車監視を重視したい場合にはおすすめしません。
    先ほど、衝撃に反応してから数秒で起動すると言いました。つまり、当て逃げされた瞬間は映っていないという事です。このモデルの場合、駐車監視機能はおまけ程度と思っておきましょう。

    操作がしやすい

    普通のドライブレコーダーは、動画再生をする時に、本体い付いている小さいボタンを触って操作します。そのボタンがどのモデルも案外小さくて触りにくいんです。このモデルの場合は、画面右側に付いている大きめのボタン3つで操作できます。大きさは丁度指一本で押せるサイズなので、ボタンを見なくても感覚で押す事ができるのでとても操作が快適です。

    KENWOOD 公式HP

    ③後ろからの追突やあおり運転の対策をしたい場合

    2017年から悪質なあおり運転が絡む事故や事件があかるみになる事が増えました。自分は大丈夫と思っていても、お子さんや親御さんが運転する場合はどうでしょうか?自分以外の誰かの安全も買うというのもドライブレコーダー購入の判断基準です。

    前方だけのドラレコでは、もちろん後ろは映りません。危険なあおり運転や、後ろから追突された時に相手の車両ナンバーを押さえたいという場合は、COMTEC製 【ZDR-015】の一択です。

    画素数は200万画素。驚きなのが、フロントカメラだけじゃなくリアカメラも200万画素という点です。

    撮れる範囲の画角も、フロント145°、リア140°と文句なしです。

    このモデルも駐車監視機能(オプション:HDROP-09が必要)はありますが、エンジンを切ってから最大12時間を連続録画するため、ハイブリッド車や車を頻繁に動かさない場合、駐車監視機能オプションの取り付けはおすすめしません。

    COMTEC 公式HP

    ドラレコ選びは自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

    レーダー連動のドラレコもありますが、そこまでの機能もはっきり言っていりません。レーダーが故障したら動画再生もその場ではできなくなってしまうので、ドラレコはドラレコとして考えた方がよっぽど使いやすいです。

    最近はドラレコ業界にも多くのメーカーが参入し、機種も情報も増えすぎて何が良いのか分かりづらくなってしまいましたが、自分にとって本当に必要な機能は何なのか?自分のライフスタイルに合っているドラレコはどれなのか?この記事を見て解決の後押しができたら嬉しいです。

    スポンサーリンク