EXSENCE DCはスピニングに勝てないのか?ベイトリールの別格の飛距離を見よ!


EXSENCE DCはスピニングリールに飛距離で勝つ事はできないのでしょうか?

釣り場にいっても周りはスピニング軍団ばかり…。飛距離でもどうしてもバックラッシュが怖くて振り切れない…。結果飛距離で負けていて釣れているのはスピニング軍団ばかり…。

それでもベイトリールを使いたい!!

そんなあなたに見てもらいたい内容です。

スポンサーリンク



なぜ飛距離で不利なベイトリールを使うのか?

スピニングの方がルアーの飛距離も出て釣果UPに繋がるのになぜあなたはベイトリールを使うのでしょうか?もしくは使いたいのでしょうか?私の場合これらの理由があります。

  • ベイトリールのメカメカしい見た目がかっこいい
  • 太いラインでも飛距離を出す事ができる
  • 大きいシーバスがかかった時パワーファイトができる
  • やっぱりベイトリールの見た目はかっこいい


私の場合、
「趣味は何?」と聞かれた時に、
「釣りだよ」と答えると、大体「えっ?」って顔をされます。世間の釣りへのイメージって、餌を垂らして魚が食うのをただひたすら待つという、暇で時間の無駄な娯楽というイメージが強いようです。

釣りはスポーツです。ただ座ってボーッと待ってるなんてめっそうもない。頭をひたすら使う、攻め方を変える。頭脳戦の将棋みたいなものです。

シーバス釣りだって同じ。釣れそうなポイント見つけて、潮目を見つけて、レンジを探りながらシーバスをとらえて行く。とにかく考える釣りをしているはずです。

ベイトリールを使って釣りをしているととにかく周りからの注目を集めます。
「ベイトリール使ってるんだ!」
「そのリールかっこいい!!」

大人から子供まで、とにかく周りの注目を集めますよね?

でもそれが全く釣れていなかったらどうでしょう?
「ベイトリールはかっこいい!」という無邪気な子供の夢をぶち壊してしまう事になりかねません。

釣果が伴ってこそ、周りに認められ、ベイトリールへの概念を変えて行くんです。

さぁ、今日もベイトリールで釣りに行きましょう。

私の使用タックルはEXSENCE DCとモアザンエキスパートAGS


私が使っているタックルは、エクスセンスDCとモアザンエキスパートです。リールとタックルで言うと最高峰といわんばかりの組み合わせです。これらを選んだ理由は、いいものを揃えればあとは自分のスキル次第と思ったからです。間違いなく釣れる組み合わせ、間違いなく飛距離の出せる組み合わせを選べばもう言い訳ができないと思いました。

崖っぷち追い込み戦法ですね。

飛距離と釣果は直結する

釣りをする状況にもよりますが、ルアーを飛ばせば飛ばすほど、釣果はUPします。先日こんな事がありました。

スピニングタックルに40gのジグで超遠投をしている人、と、EXSENCE DCでチマチマやっている私。
釣果で大きな差が出ました。

スピニングの人は10ヒット5キャッチ
私は0ヒット。

悔しかったです。レンジとかタイミングとかもあるかもしれませんが、シーバスがヒットする所は、明らかに私のキャスティングでは届いていな遥か先のエリア。どうやっても釣れませんでした。ルアーチェンジしても、攻め方を変えても…。

とにかくシーバスのいるエリアにルアーを着水させなければ釣れない!絶対に!

この日から私の考えは変わりました。
超遠投をできるようになろう。装備は整っている。今使っているエクスセンスDCでスピニングタックルに負けないように練習しよう。と。

EXSENCE DCはスピニングに勝てるのか?

そもそもエクスセンスDCやベイトタックルははスピニングタックルに飛距離で勝つ事はできるのでしょうか?答えは「勝てます」

ベイトタックルで飛距離を出している猛者たち

①辺見哲也

出典:SHIMANO

シーバス界に精通し、東京湾をメインフィールドに活動しています。EXSENCE DCもテストしており、ベイトリールの進化に唸っています。記事ではサイレントアサシン99SP平均54.1mを叩き出している。

②カミヤマライトゲーム

You Tubeでも活動していて、とにかく丁寧にルアーやロッドの特徴を説明している。それがとても分かりやすい。すすめるルアーも釣果を残している実績ルアーばかりでとても説得力がある。キャストフォームもとても綺麗。動画では18アンタレスDCMD約120mの飛距離を出している。

③ますげん

吉本の芸人という異色の釣りYouTuber。女性と釣りに行く内容で破廉恥なタイトルの動画が多いが、結果同行した女性にはしっかり魚を釣らせてあげている。そんなますげんも17スコーピオンDC92mの飛距離を出している。

④上宮則幸

ルアーメーカー BlueBlueのルアーテスター。豪快な顔面とはうらはらに、ロッドからリール、キャスティングの方法まで丁寧に説明してくれている。130m巻いていたラインをテストキャスティングで全部出し切ってしまいラインが切れている動画もあるので、実質130m以上の飛距離を出している。私が参考にしている投げ方は上宮則幸さんの投げ方です。

EXSENCE DCでルアーの飛距離を出すには

まずは辺見哲也さんのこちらの結果を見てみてください。実際に、辺見哲也さんがスピニングとエクスセンスDCを投げ比べた結果です。スピニングタックルよりエクスセンスDCの方が飛距離を出しているのが分かります。

では、EXSENCE DCでここまで飛距離を出すにはどんなコツがあるのでしょうか?

①ロッドを「ピュッ!!」て鳴らさない

スピニングタックルでルアーを投げている場合、「ピュッ!!」っていう風を切る鋭い音がします。スピニングタックルで飛距離を出す場合、ルアーを投げる時の初速が大事なため、振り抜く時にこういう音がします。しかし、EXSENCE DCの場合この投げ方はバックラッシュの原因になります。極端な急加速を抑える投げ方が重要になるわけです。

ベイトタックルの場合、分かりにくいですが、「ピュッ!!」ではなく「バフッ!!」という高い音ではなく少し重い感じの音で投げるのが良いです。音の表現では難しいですが、体全体を使った大きい動きをすると「バフッ!!」という音になってきます。

②ラインを引きずり出すように投げる

このニュアンスはイメージがしにくいのですが、竿先で投げるのではなく、ロッド全体で投げる感じです。私はこの感覚を捉えるのに苦労しました。「リールを抑えている手でロッドを前に押し出して投げる」といった感じです。

辺見哲也さんが3分50秒から「糸を引きずり出す様に投げる。」説明をしている動画です。

③ロッドを水平より下に振り切らない

ベイトリールのトラブルといえばバックラッシュです。その要因として、キャスト後のロッドの反発があります。ルアーをキャストして振り切った時に、竿先が下から上にバイーーーンと戻ろうとします。実際に竿先を引っ張ってからパッと離すと元に戻って上下しますよね?その竿先の上下運動はライン射出を失速させ、バックラッシュの原因となります。

竿先のキャスト反動をなくすというのはほぼ不可能ですが、できるだけなくす事は可能です。それは、キャストの振り切り角度を20°〜45°で止めるという事です。それでも竿先は上下に振れますが、思いっきり振り切って下への力も加わってしまう水平角度よりはずっと抑える事ができます。

こちらの動画をキャスト姿勢に注目して見てみて下さい。

キャストの最後はロッドを水平まで振り切らず、20°くらいの角度で止めています。

カミヤマライトゲームさんのこちらの動画では約120mという飛距離を出しています。

④ルアーの重みを感じながら投げる

投げる時にルアーの重みを感じるには、投げる方向とは反対の方向にロッドを振る必要があります。

こちらの動画がとても分かりやすく解説しています。私はこの投げ方で実践しています。

ルアーの重みを受け止めるには、手首を柔らかく使うのがコツです
ただ後ろに振って投げようとしても、ロッドがしならずにルアーがバタバタと暴れてしまいます。最初は手首を使ってルアーの重みを受け止めるのという感覚をつかむ反復練習をしましょう。

⑤躊躇せず振り抜く

これ大事です。バックラッシュしてしまうんじゃないか?というベイトリール特有の固定概念を捨てましょう。バックラッシュが恐いから振り抜けない気持ちはとてもよく分かりますが、中途半端な気持ちのこわばったフォームでキャストするより、正しいフォームの投げる気満々でキャストした方が、ルアーの重みとロッドのしなり、リールの回転が噛み合いバックラッシュの起こる可能性はグッと減ります。

その思い切った振り抜きが圧倒的飛距離に繋がります。

次回、実際に投げます!

ベイトリールの飛距離を検証している動画を紹介しましたが、どれも実際にスピニングタックルと同等、もしくはスピニングより飛距離を出せているのが事実です。

ベイトリールは飛ばないという概念を捨てましょう。ベイトも飛びます。しかも、太いラインも組めてパワーファイトができます。

次回、実際に練習して飛距離を計測してみます!

スポンサーリンク

おしゃれなリールガード

【こんなおしゃれなリールガードあります!ヘッジホッグスタジオ】