前のめり.com
今日も前進をあきらめない、アウトドアな男たちのためのサイト
釣りをする

これ使えるの?飛距離100mシンペン。モンスターショットをインプレ!

いに発売しましたね。
DUELから発売されたかっ飛び系のシンキングペンシル。すでに販売されているヘビーショットの続編版のシンペンでもあります。

結構話題になっているこのモンスターショット。私も発売前からずっと気になっていました。そしてついに、購入しました!

とにかくこのモンスターショット、ポテンシャル最高のルアーです。ぜひあなたにも手にして使っていただきたい。しかし、少々私には扱いにくい部分もありました。

この記事見たら釣りに行こう…

を書きました!

DUEL HARDCORE® モンスターショットとは?

そもそもモンスターショットってどんなルアーなのでしょうか?
まずは、こちらのDUEL公式サイトを見てみてください。

ほぼこの動画だけで私はもう欲しくて欲しくてたまらないのですが、もう少し掘り下げましょう。

公式サイトの商品概要がこちらです。

最大飛距離100mオーバー!
ジグの飛距離 × プラグのアピール力!!

■高強度の肉厚ボディと貫通ワイヤー構造でロックショア、オフショア問わず大活躍
■水平姿勢でのローリングフォールアクションで、弱ったベイトフィッシュをイミテート
■水を掴むフェイスデザイン、超低重心のウェイトバランスにより、ファストからスローのただ巻き、ワンピッチジャーク、スキッピングなどあらゆるテクニックに対応

引用元:ハードコア® モンスターショット | 釣具の総合メーカー デュエル

モンスターショットは、3つの武器を持ったルアーです。

モンスターショットの武器①100mオーバーの飛距離


私はメイン、ロックショアでヒラスズキ、ブリなどの青物、近場ではシーバス釣りをします。どの釣りでも同じなのですが、飛距離って大切なんです。
「もう少し投げられればあそこに届くのに…。」そう思う事は毎回あります。

通常、重さのあまりないプラグでは、風に煽られたりしてなかなか飛距離が出せません。モンスターショットは、メタルジグ並の飛距離を出す事ができます。

モンスターショットの武器②ジグには出せないアピール力


飛距離が足りない!そのような場合、大体メタルジグを使いませんか?
メタルジグで飛ばせてボイルしているエリアに突っ込めればそれでOKなのですが、ヒラスズキの場合はそうもいきません。

ヒラスズキを狙う場合、サラシの中をゆっくり漂わせる泳ぎをする必要があるんです。これこそ、モンスターショットの最強の武器【リップ付きフェイスデザイン】です。


他のかっ飛び系ルアーにはないこのフェイスデザインが、多彩なアピールアクションをしてくれます。

このリップが水をつかんでくれるので、ただ巻きでサラシの中をゆっくりとルアーを泳がせる事ができるんです。
もちろん、ただ巻きだけではありません。
超遠投をして、青物に有効な

  • スキッピング
  • ジャーキング

をする事も可能です。ジグには出せない魚へのアピール力。それを可能にするのはモンスターショットの独特なフェイスデザインなんです。

モンスターショットの武器③弱ったベイトのようなフォール


モンスターショットは、フォール中でも魚にアピールします。動画でもありましたが、テンションフォールではなくフリーフォールさせた場合、モンスターショットは水平を保ち、体をひねるようにローリングしながら落ちていきます。その動きがまさに弱ったベイトそのものなんです。

フリーフォールとテンションフォールって何?という場合は分かりやすい記事がありましたのでこちらをご覧ください!

>>>使い分けられてますか?フリーフォールとテンションフォールを徹底解説

ヘビーショットとモンスターショットの違い


モンスターショットはヘビーショットより大きい魚を対象にした、対大物用のルアーです。

モンスター級の魚を釣る前提なので、構造も多少違います。

ヘビーショットとの違い①貫通ワイヤー


貫通ワイヤーとは、ルアーに一本ワイヤーが通っている事。モンスターショットは強靭なボディを持ち合わせながらも、万が一ボディが破壊された事も考えている。この貫通ワイヤー方式では、ボディが壊れても、最悪ワイヤーとフックが繋がっているので、大物を逃す事がなくなります。

はっきり言って、マグロクラスの超大物でも掛からない限り、貫通ワイヤーが役目を果たす事はほとんどないかと思いますが、磯などでルアーのボディがボロボロになっていくロックショアでは、念には念を…。安心の貫通ワイヤーです。

魚ヒットしてルアー壊れる訳ないじゃん!そう思って調べたところ、面白い記事がありました。ヘビーショットが華麗にぶっ壊れています。
>>>DUELモンスターショットとヘビーショット比較

ヘビーショットとの違い②60gという重さ


モンスターショットは2種類のサイズを展開しています。

  • 95mm,40g
  • 125mm,60g

ヘビーショットも同じく2種類のサイズ展開です。

  • 85mm,20g
  • 105mm,30g

ヘビーショットとモンスターショットは、ほぼ倍のサイズ展開です。

ヘビーショットとの違い③フックがモンスター級


ヘビーショットのフックサイズは4号です。それに対してモンスターショットのフックサイズはなんと1号。
まぁデカイ…。こんなどデカイフックに使った事もないし、根がかりしたら回収難しいな。と感じさせてくれる太さです。

ちなみに、リングサイズもヘビーショットは4号。モンスターショットは1号です。まぁデカイ…。

モンスターショットを実際に試し投げした

私が実際にロックショアで使用しているタックルデータです。

今回は、私にとって投げた事のない60gという重さを投げられるかどうかを試すため、千葉の東京湾ホームポイントへ来ました。
とりあえず、未知の領域60gを投げるため、果たして本当に投げられるのか試します。

ナス重り8号×2=60g

かなりロッドに負荷はかかっている感覚はありますが、モアザン ブランジーノ AGS 711H/XHBは70gまで投げられます。信じるしかありません。

ロッドを思いっきり曲げてロッドのの粘りを活かす!
そして!思いっきり振り抜く!

バビューン!!

エクスセンス DC 17のDC音が鳴り響きます。


……
………

いけるぞ!!

その後実際にモンスターショットで試したところ、無事投げ切る事ができました。
泳ぎも動画通りしっかりアクションしながら戻ってきます。
しかし、飛距離はヘビーショットとさほど変わりがない。大体70mくらいでした。

モンスターショットは使い分けが必要

色々試してみましたが、モンスターショットは最高のルアーです。それと同時に、ヘビーショットも最高のルアーだという事が分かりました。

というのも、

  • あなたが狙う魚
  • 今あなたが持っているタックル

この内容でモンスターショットを使うべきかどうかが変わってくるからです。

モンスターショットが向いている釣りとは?

今あなたはどんな魚を釣りたくて、どんなタックルを使っているでしょうか?モンスターショットはタックルによって扱いやすさが変わってきます。

ヒラスズキが釣りたい!

ヒラスズキ狙いの場合、ヘビーショットで充分です。
ヘビーショットが狙える飛距離にヒラスズキはいます。

青物が釣りたい!

モンスターショットを常備しておきましょう。ヘビーショットでは届かない所で鳥山とナブラが起きる可能性が高いです。青物タックルならほぼ大丈夫かと思いますが、モンスターショットの60gを投げられるタックルが必要になります。

DUEL HARDCORE® モンスターショットのポテンシャル

最高のルアーです。ここまでタフで、飛距離が出て、購入当初から装備されているフックとリングはモンスター級。これで価格は1500円以下なのである。

この強靭な作りでこの価格は、かなり良心的。

私は、2000円以上するルアーはなかなか手が出せません。ロストへの恐怖が拭いきれず、キャスティングがまともにできなくなってしまうんです。

そんな釣りはしたくない泣!それなのにモンスターショットはこの価格!このサイズとポテンシャルでこの価格のルアーってなかなかないのではないでしょうか?しかも、青物からヒラスズキまで、さらにはマグロも対象魚!ターゲットの幅が広すぎる。

DUEL HARDCORE® モンスターショット まとめ

最高、最強のルアーの一角です。
タフさ、飛距離、価格どれをとっても最強です。
私は今後もこのルアーを調達していきます。ヘビーショットも超愛用していきます!

あなたもぜひ手にとって、最高のフィッシングライフを送りましょう!
ではっ!

\ 嗚呼…。カニが食べたい…。/