その他

閉鎖されていく釣り場に涙!「今」私たちが釣りを自粛するべき理由

りは3密ではないし、わざわざ禁止する必要はないのではないか?
不要不急の外出はしないにしても、公園で遊んでいる家族もいれば、ジョギングをしているカップルもいる。
適度な運動でストレス発散が必要なら、釣りは最高の趣味じゃないか?

釣りは1人でする遊び。釣り自粛はしなくていいんじゃないの?緊急事態宣言がされた後でも、私はそう思っていました。

しかし、実際はどうでしょう?

次々と閉鎖されていく釣り場。普段から通い慣れていたホームポイントも、今ではもう立ち入り禁止。ついに千葉、神奈川には、サーフィンの自粛要請も出てしまう事態に。しかも、「今は」他県からこないでください宣言。これはもう、釣り人、サーファー、人ごとではない状況になりました。

私たちアングラーは、今は釣り自粛をするべきです。

>>> 釣り自粛を有効活用!この時間を無駄にしない2つの事とストレス発散法

この記事で分かる事…

  • 私たちが釣り自粛をするべき理由

今私たちが釣り自粛をする理由

2020年4月7日、緊急事態宣言が発出されました。いったい何が変わるのだろう不安でいっぱいでした。何だか今までとあまり変わらないなと思いながら1週間が過ぎ、このまま解除されるのかな?と思いながら2週間が経ち、ついには多くの釣り場が閉鎖されてしまう事態にまでなりました。

閉鎖されていない釣り場なら自粛しないでいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、その考えは間違っています。

「今」私たちは、釣りを自粛をするべきなんです。

釣りに来て欲しくないと思ってる方たちがいる

釣り、サーフィン、キャンプ。海などの自然を相手にするアクティビティは、3密である密閉・密集・密接とは一切関係のないものでした。
サーフィンや釣りなんて、まずほとんどが単独行動。3密なんてありません。0密です。

それでも自粛するべき理由は、私たちに来て欲しくないと思っている方々がいるからです。

アウトドアは、たとえ県内間の移動でも、距離があるので移動途中にコンビニやトイレに行ったり、買い物をしますよね?

考えてみてください。もし私たちが新型コロナに無症状感染していたら…?
恐いですよね。

目に見えないウイルスです。来て欲しくないと思っている方々がいます。私たちが原因で街を壊滅させる可能性だってあります。

いつも楽しませてくれている地域に住む方々の命を守りましょう。

緊急事態宣言を延長させないため

緊急事態宣言が延長されると、釣り場の開放はありえません。
新型コロナの感染者数は、日々増加しています。(2020.4/26現在)

5月6日にこの事態の解除を願うのは、全国民の願いです。
緊急事態宣言を解除するには、日本国内での新型コロナウイルスの流行を食い止める必要があります。

私たちアングラーが、ウイルスの運び屋になってはダメです。少しでも早くこの状況を終わらせましょう。

メディアの餌食になる


「立入禁止ポイントで釣りする釣り人ネタ」は、定期的にニュースで取り上げられますが、今はその状況以上に、釣り場で釣りをする事にリスクがあります。外出自粛中なのに、なぜ今海にいるのか?というネタでまんまとメディアに取り上げられてしまいます。

釣り公園や堤防以外の釣りは、3密なんて一切ないアクティビティ。しかし今の状況は、人としてのモラルが求められています。

私もアングラーです。同じ釣り人が悪者扱いされるのはとても気持ちのいいものではありません。
しかし、TVで放送される以上、「釣り人」として見られてしまいます。アングラーは普段から、肩身の狭い思いで海に行っています。これ以上行く場所がなくなってしまったら、どこに行けばいいのでしょうか?

誰もいない釣り場なんだから釣り行っても感染しないでしょ?という考えであなたが今釣りに行ってしまうと、駐車場の開放は延期され、最悪のパターンでは、このまま釣り場として開放されなくなる可能性さえあります。

今は、グッと我慢しましょう。

釣り自粛で閉鎖された釣り場

次々と、各県が釣り自粛で駐車場が閉鎖になっています。


https://twitter.com/trg_tateyama/status/1252061618805989376


https://twitter.com/jun_sup_mania/status/1253959366438313996

とても悲しくつらい事ですが、今は我慢の時です。

自治体も来訪の自粛要請

大型連休に多くの観光客が訪れる事を危険として、千葉、神奈川などの県が、来訪の自粛を要請しています。例え、地元の人間だからいつもの海に遊びにいってもいいよね?という状況ではないのです。

閉鎖された意図をちゃんと理解する

自然と楽しむ多くのアクティビティが今、する事ができません。各県の自治体や、外出を控える住民の方々が、新型コロナの拡大を食い止めようとしています。

たくさんの釣りポイントが、新型コロナウイルスの影響で閉鎖されてしまいました。

「あのポイントは閉鎖されてないからあそこに行こう!」
という考えはもう捨てましょう。それでは閉鎖している意味がありません。これ以上状況を悪化させないための閉鎖なんです。

釣り人以外にも、海に行く事を楽しみにしている人がたくさんいますが、それでも海に行く事を我慢できない人の暴挙が続いてしまうと、本当に本当に海の閉鎖に繋がりかねません。
>>> 注意しても「今日だけ」 海にレジャー客続々、住民困惑

新型コロナは超長期戦になる

過去に世界で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)。
2002年11月16日〜2003年7月5日まで蔓延し、感染者数は世界で8098人が感染774人が命を落としています。

SARSは約半年で終息宣言がされています。

では、新型コロナウイルスの今の状況はどうでしょうか?

2020.4/26 現在 感染者数 死亡者数
日本 13,231人 360人
全世界 2,897,645人 202,880人

※感染者数は回復者数含む

SARSの全世界感染者数を新型コロナの感染者数が上まっているのが分かります。
全世界で比べると、SARSの350倍以上の感染者数が今の新型コロナウイルスで出てしまっているんです。

この状況で、SARSと同じ位の約半年で終息するとは思えません。
私たち一人一人が、できる事をしていき、この事態を悪化させない努力をする必要があるんです。

「今」釣りは自粛するべき

私は、適度な運動のひとつとして、緊急事態宣言中も釣りをしていました。

もちろん、3密にあたらないと思っていたからです。しかしその後、駐車場は封鎖され、「今」海に来て欲しくないという自治体、住民の方々の思いを知らないフリして釣りに行く事はできませんでした。

「今」は我慢の時です。釣り自粛するべきこの状況。プラスでとらえ、ストレスをうまく発散しながら、有効な時間にしていきましょう!

釣り自粛を有効活用!この時間を無駄にしない2つの事とストレス発散法釣り自粛はただの我慢する無駄な時間ではありません。この時間を有効に使いましょう!あなたにとって有効に使うための2つの事。体力、知識をつけましょう。...