SUPの釣り方

風速4mは危険フラグ。SUPは風速何mまでなら出せるのか?

SUPで大海原に出れば魚もたくさん釣れる!人混みもなくてストレスフリーでSUPフィッシング最高!

楽しい事だらけのSUPフィッシングですが、常に危険と隣り合わせのスポーツです。

わい
わい
SUPフィッシングいい事ばかりやん!
じゅん
じゅん
そうだね!でも油断大敵。流されてしまって帰ってこれなくなっている事例もあるよ!

SUPは、大海原に出て1人の空間を体で感じれるとても素晴らしいアクティビティです。しかし、風が強いのに無理して海に出たり、命を守るための装備をしていなければ、命を落とす可能性が大きいスポーツでもあります。

じゅん
じゅん
天候を予測し、正しい装備をしてSUPフィッシングを楽しもう!
この記事で分かる事

  1. SUPが出せる風速は何mまで?
  2. SUPで生存率を高める方法

SUPを出せる安全な風速と風向

SUPフィッシングはいったい、風速何mまでだったら海に出る事ができるのでしょうか?風向きは、どう吹いていたら出せるのでしょうか?

SUPが出せる風速は何mまで?

SUPが出せる風速は3mまで
もちろん、経験によってはもっと風が吹いても出せる方もいます。しかし、風速4mほどの風が吹くと、海が波立ってきて不安定になってきます。安全にSUPフィッシングをできる風速という点では、風速3mまでがベストです。

SUPは、クルージングや釣りを目的としているタイプの物はとても大きく少しでも風が吹くと、煽られて持ち運びもとても大変です。

絶対に無理はしないようにしましょう。

SUPが出せる風向きは?

風向きも、SUPフィッシングをやる時には知っておく必要があります。風は1日を通して同じ向きで吹き続けるという事はまずありません。海から吹いてきたり、陸から吹いてきたり、特に夏場は朝と昼の気温差で風向きが変わるので、覚えておきましょう。

風向きの呼び方は大きく分けて2つの呼び方があります。

  1. オンショア…海から吹いてくる風
  2. オフショア…陸から吹いてくる風

安全にSUPフィッシングができる風向きは、オンショアの風(海から陸へ吹く風)です。なぜなら、何かがあっても風が陸まで戻してくれるから。オフショア(陸から海へ吹く風)だと、前になかなか進まないため、体力がなくなりパドルを漕ぐ体力がなくなってしまえば、あとは沖に流されていくだけです。

風以外にうねりにも注意

風が吹いていなくても、波が高い日があります。それは、台風や低気圧が近づいている時

台風が近づいている時は、台風が遠い場所にあってもうねりが海岸まで届きます。台風や低気圧うねりは、周期的に大きい波がやってきます。天気予報などで報じられている波の高さと比べて、100波に1波は1.6倍の高さの波が、1000波に1波は2倍近い高さの波が来るとされています。海が穏やかに見えても、突然大波に襲われる危険があるんです。[関連]1000波に1波高さ2倍の波が来る

SUPやカヤックは、うねりににとても弱いです。まともに横からくらえば転覆してしまう恐れがあります。

台風と低気圧以外でも、船が離れた所を通るだけでもうねりは発生します。船が発生させるうねりにも注意が必要です
【関連】インフレータブルSUPの危険

SUPの事故事例

実際に、SUPでの事故は発生しています。事故発生の原因は、半数が海の天気を甘くみてしまったSUPを海に出してしまった事が原因になっています。

SUPで流されないために

海はとても危険です。予想しない事が起きる可能性がある事を常に意識しなければいけません。

天気を読む

天気図で風向きを読むのも楽しみのひとつですが、今は風を読むための便利なアプリがたくさん出ています。普段から天気予報のアプリを使っているなら、それでもいいでしょう。今はどんな天気予報アプリでも、1日を通しての風向きをを見る事ができます。自分が使い慣れたアプリを使いましょう。

どんな時にどんな風が吹くのか?気象情報を学ぶ事も大切です。この本は、どうして昼は海から風が吹くのか?やゲリラ豪雨がふる時の冷たい風が吹く理由など、とても分かりやすく書かれているのでおすすめです。

波のうねりを知る場合には、サーファー用のアプリが一番使い勝手がいいです。実際にスタッフの方が波をチェックしているので。動画と一緒に実際の波の高さを見る事ができます。

私が使っている風予測アプリはこちらです。

  • この後、波が高くなるのかどうか?
  • 風はどの方向から吹くのか?

という、SUPで海に出るために一番欲しい情報を見る事ができます。波の高さが腰以上あれば、SUPで出るのは困難なのでやめておきましょう。

波伝説 "Catch the wave" サーフィン波情報

波伝説 “Catch the wave” サーフィン波情報
開発元:株式会社サーフレジェンド
無料
posted withアプリーチ

怖いと感じたら絶対海に出ない

SUPは無理をすると死に繋がる事があるスポーツです。自然を相手にしている以上、何が起こるか分かりません。

  • この風の強さで戻ってこれるかな?
  • この後風向きが変わる予報だけど戻ってこれるかな?

もし、少しでも、恐怖を感じたら海に出るのをやめましょう。自然相手のスポーツに自信はいりません。楽しむ事が前提のスポーツです。怖がりながらSUPしても楽しくありません。また次回、恐怖を感じない穏やかな日に海へ出ましょう。

装備を整える

一度海へ出てしまえば、そこはあなただけの世界。とても美しくて聞こえるのは風と水がボードにあたる音だけ。この感覚こそが、SUPでだけ体験できる醍醐味です。

しかし、何かあってもそこにはあなた1人だけ。という事も…。

装備は必ず整えましょう。

SUPで海へ出る時の必須装備

  • ライフジャケット
  • リーシュコード
  • 携帯電話
  • 飲料水

経験者と行く

1人より2人。何かあった時には人数が多い方があなたの生きる確率があがります。単独行動は控え、何人かで海に出ましょう。

SUP人口は年々増えてきています。最近ではSUPを体験するためのスクールをやっているお店もあるので、初めてSUPをやる場合は、スクール体験から始めましょう。近くにSUPの経験者がいる場合は、その方に教えてもらうのもありです。

知り合いに教えてもらうのもいいけど、ちょっと気を遣っちゃう…。

その点、ショップのSUP体験の場合は、お金を払って体験するもので、初心者なりに分からない事を手取り足取り丁寧に教えてくれます。

  • パドルの漕ぎ方
  • ボードの立ち位置
  • 方向転換

始めは誰もが初心者です。SUPの魅力にどっぷりとつかってください。

SUPはあきらめる事も大事

穏やかなアクティビティに見えて、実は常に命の危険と隣り合わせのSUPフィッシング。海に着いてからでも遅くはありません。

SUPは出さない勇気も必要です。

せっかくここまで来たんだからと思わずに、危険を感じたらやめましょう。危険を感じながら海に出るSUPほどつまらないものはありません。また必ず海に出られる日は来ます。しっかり自分の力量を知り、風と天気を読み、これからも最高のSUPライフを送りましょう!