装備インプレ

【ガチ検証】GARMIN,CASIO,本当に釣りで使えるスマートウォッチはこれだ。

悩みに悩み、買いに買いまくった。釣り用で本当に使える腕時計はいったいどれなのか?結果私は、3本の腕時計を買う事となる。

  1. CASIO:PRO TREK Smart〔WSD-F30〕
  2. CASIO:G-LIDE〔GBX-100-1JF〕
  3. GARMIN:Instinct Dual Power サーフエディション

クリックすると公式サイトへ飛びます

実際3本使ってみて実感した事は、「どのモデルも一長一短。良いところ悪い所があって当たり前だった。」という事だ。

最終的に悩んだ結果、今私はGARMINのInstinct Dual Power サーフエディションだけを使用している。CASIOの腕時計は、私の中で使わなくなってしまった。

釣り用腕時計としての条件

釣りで使う腕時計としての条件として3つに絞ってみた。

  1. タイドグラフ
  2. 防水性能
  3. 電池の持ち

この条件で、それぞれの腕時計の性能を比べてみよう。

タイドグラフ防水性能電池の持ち
WSD-F30×
GBX-100
Instinct サーフ

それぞれ使ってみて感じた性能差はこのような感じだ。ひとつづつ説明していく。

タイドグラフ性能

GARMINのInstinct Dual Power サーフエディションがの理由は、当日分含め、3日分のタイドグラフが見られるというのが理由だ。CASIOの2つのモデルは、残念ながら当日分しか見られない

「明日の夕まずめの時間は何時かな?」

という事が、CASIOの腕時計では見られないのだ。

GARMINのInstinct Dual Power サーフエディションは、合計3日分のタイドグラフが分かるので、とても便利だ。スマホと連動しておけば、最新のタイドグラフを勝手に更新してくれている所も高評価

防水性能

防水性能では、圧倒的にGBX-100の勝利だ。

防水性能
WSD-F30× 5気圧防水
GBX-100◎ 20気圧防水
Instinct サーフ○ 10気圧防水

海で安心して使うには最低でも10気圧防水は欲しい所。WSD-F30の5気圧防水は、生活防水レベル。弱い雨や、手洗いの時に付けてても大丈夫なレベルの防水性能だ。SUPやサーフィンで使うには心配というか、おすすめできない。

その点、GARMINとGBX-100は、サーフィンモデルと謳っているだけあり、激しい動きにも充分安心して使えるレベルだ。

電池の持ち

電池の持ち
WSD-F30△ 2日程度
GBX-100○ 2年
Instinct サーフ○ 1週間程度
電池の持ち比較:商品名クリックでAmazonへ飛びます

スマホと連動しながら通知機能や釣りアクティビティなど、機能をフルで使った状態での目安。

CASIOのWSD-F30は、スマホ並の操作性で、カラー液晶の完全スマートウォッチなのでやはり電池の減りが早い。充電も面倒くさいし、電池の減りも気になって仕方ない。

GBX-100は、リチウム電池なので、長い期間電池交換の心配をする事もないが、いざ電池交換を使用という時に、専門店に持っていく事を考えるとやや面倒くさい。

GARMINは、ソーラー充電対応とはいえ、外にいないとフルパワーで充電ができないので、あくまでもソーラー充電は補助的充電と考えた方がいい。しかし、スマホ連動でここまでの充電の持ちは充分満足できる。

WSD-F30がおすすめな方

created by Rinker
SmartOutdoorWatch(スマートアウトドアウォッチ)
¥49,500 (2020/10/23 17:29:23時点 Amazon調べ-詳細)

アウトドアスマートウォッチとして使われなくなってしまったWSD-F30だが、もちろんいい所もたくさんある。私自身、初めて手にした時は、その機能性にとにかく驚いた

見やすさ重視の方向け

WSD-F30はカラー液晶で見やすい。その分電池を食ったり、昼間の直射日光が当たる時では見にくかったりするが、普段使いでカラー液晶はやはり見やすいし分かりやすい。

操作性重視の方向け

WSD-F30は、画面を触って操作ができるので、スマホ感覚でとても操作がしやすい。地図は、ボタンで拡大縮小もできるが、スマホでの操作と同じように、指で拡大縮小もできるので、直感的な操作が可能だ。

しかも、とてもスムーズに動くので最初は本当に感動した。あなたが操作性を重視したいならWSD-F30はとてもおすすめだ。

GBX-100がおすすめな方

created by Rinker
G-SHOCK(ジーショック)
¥20,800 (2020/10/23 08:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

タイドグラフ、日の入り日の出時刻、潮汐差、月齢、欲しい海情報が1つの画面だけで分かるのがとても優秀。画面切替もできて表示パターンもある程度は変えられるので、当日のタイドグラフさえ分かれば良いという場合は、CASIOのGBX-100が最強だ。しかも2万円代の価格。腕時計として選ぶなら、GBX-100でかなり満足できるはずだ。

運動の記録をしない方向け

WSD-F30とInstinct Dual Power サーフエディションは、釣りアクティビティという、釣りの時にどういったルートを通って、どこで魚が釣れたのかを記録できる機能がある。GBX-100はそういった機能がない。

特に運動の記録をしないで、タイドグラフだけが分かればいいという場合、GBX-100が一番シンプルで分かりやすいだろう。

最先端を求めていない方向け

GBX-100はタイドグラフと時計に特化している「THE・海時計」。指で触って色んな操作ができたり、自分の行った場所を記録できる機能が必要なければ、必要最低限の情報が1つの画面で分かるとても便利な腕時計だ。

バックライトがチープな感じだが、シンプルイズベスト。最先端の機能を求めていなければ、GBX-100がおすすめだ。

進化が止まらない釣り用スマートウォッチ

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥49,890 (2020/10/23 11:28:54時点 Amazon調べ-詳細)

今の所、GARMINのInstinct Dual Power サーフエディションが、釣り用で一番おすすめする腕時計だが、実際はどのモデルもメリットデメリットがある。どのモデルも甲乙つけるの大変で、実際に使ってみて、私は今GARMINに落ち着いたといった感じだ。

これからも、腕時計の進化は止まらないと思う。今自分に合う時計はどれなのか?これからずっと使っていくにはどの時計がいいのか?参考になれば嬉しい。

では、良いフィッシングライフを!