魚レシピ

【珍味!】東京湾で釣ったシーバスの白子が絶品で釣り人の特権すぎた!

東京湾で釣れたシーバスが今、最高に美味いです。基本的に私はキャッチ&イートをするのですが、特にシーバスが産卵する前の秋の季節。釣ったシーバスが卵や白子を持っている事があります。

今回は、東京湾で釣ったシーバスの白子を食べてみました

シーバスの白子、とっても美味しいです!ぜひ釣ったシーバスが白子を持っていたら、ぜひ食べてみてください!

シーバスの白子って食べられる?

そもそも、シーバスの白子って食べられるんか?しかも東京湾で釣れたシーバス…。

じゅん

もちろん食べられるよ!しかも、とっても美味しいからぜひ食べてみて!

シーバスというだけで、食わず嫌いになってしまいそうですが、シーバスの中で1番と言ってもいい位に美味しい部位が、実は白子なんです。

東京湾で釣れたからと言って、美味しくない訳ではありません。今の東京湾は、もちろん黒潮大蛇行の影響もありますが、イナダやサワラなどの綺麗な水質を好む青物も入ってくるフィールドになっています。

東京湾で釣れるシーバスの白子、本当に美味しいですよ。

https://twitter.com/fishing_s15/status/1211424509527347200

シーバスの白子の食べ方

シーバスの白子の食べ方はとても簡単です。

  • 煮る
  • 切る
  • 和える

基本的なレシピはこれだけ。ぽん酢で和えて食べるのが1番おすすめな食べ方です。では、詳しくみていきましょう。

シーバスの白子ぽん酢のレシピ

材料
シーバスの白子1匹分
ぽん酢適量(多めでOK)
ねぎお好み
料理酒適量

材料はたったのこれだけ!ぽん酢は白子が吸うのでたっぷり多めで大丈夫です。

①白子を煮る

白子を水から入れて、料理酒を鍋にひと回し程度入れ沸騰させます。沸騰してから2〜3分煮ます。

②一口大に切る

シーバスが煮えたら、お好みサイズの一口大に切っていきます。

③ぽん酢で和える

あとはぽん酢で和えて、みじん切りにしたねぎを乗せれば出来上がりです。

ねぎを乗せる事で、食感にアクセントが出ますので、必ず乗せましょう。白子の柔らかい食感に、ねぎのシャキッとした感覚がとても美味しいですよ。

臭みも全くないシーバスの白子

秋の季節にしか出会えないシーバスの白子。もしシーバスを捌いた時に白子を持っていた時は、ぜひ食べてみて下さい。

臭みは全くありません!新鮮な状態で家に持って帰って食べられるのは、まさに釣り人の特権!

シーバスは、白子以外にも、浮き袋や胃袋、卵巣も食べられたり、捨てる部分があまりない魚。色んな食べ方で色んな味を楽しんでみて下さい。

東京湾のシーバスを食べ尽くす。胃袋、肝、浮袋。まさに釣り人の特権普段釣っているシーバス。どうやって食べていますか?お刺身以外でも美味しく食べる方法があります。しかも、ほとんど捨てる所なく美味しく食べられるのはまさに釣り人の特権!シーバスの珍味を食べ尽しましょう!...