南房SUP
PR

春訪れる南房の海で1泊2日SUPフィッシング!マゴチとトラフグ!

rrrunchan
本記事内には商品プロモーションが含まれています

2024年4月8日と9日。千葉県南房総での釣果です!

まさかのトラフグ

千葉県では桜が満開のお知らせを伝えている時期。気温も徐々に上がり始め、カヤック、SUP界隈では、アオリイカや青物など、だんだんと釣果報告も賑やかになってくる季節です。

そう。

やっとの事で私も何とか釣果を残す事ができましたよ。
結果のほどは…

トラフグだ!
と言っても、恐らく今東京湾で大発生しているという、トラフグとマフグのハイブリット種ではないかとの事。

  • トラフグハイブリット、マゴチ
  • 水深40m、10m
  • サイズ45cm

久々に出た館山の海。魚っ気はかなりあり、かなり楽しい海だったんです。

2024年4月8日 1泊2日のSUPフィッシング!

今日から1泊2日のSUPフィッシング!春と言ったらアオリイカ!
少しずつ釣果情報も聞くので、思い切って普段は行かない館山の海まで南下してみる事に。

車での移動時間は2時間オーバーと、少し堪える距離なのでなかなか行かないのだが、SUPで少し漕げば水深もかなりあり、ジギングも楽しめるので、最近ではひっそりと足繁く通っている場所。

SUP釣り1日目 マゴチが釣れる

SUPフィッシング1日目は、午前中は風が吹く予報だったので、昼から夕方狙いでゆっくりと向かいます。

館山に向かう道は、下道だとかなり混むのと、結構道幅が狭くストレスフルなので、真夜中以外は高速道路を使うのがおすすめです。とても。

到着は12時。続々と笑顔で上がってくるアングラー

ゆっくり向かってゆっくり到着。ゆっくりとSUPの準備をしていると、カヤックアングラーの方がすでに上がって片付けをしている所でした。

そのお方、よくSNSでコメントし合うホットレモンさんでした!イメージは筋肉ムキムキの強面の方を勝手に想像していたのですが、実際はとっても朗らかな笑顔で、優しいクマさんのような方でした!

釣果を聞いてみると、まさかの
アオリイカ5杯にホウボウにハタ!

いやいやいやいや…
もう、最高すぎじゃないですか…!!

「一匹下さい…!」

と出かけている言葉を腹の中にしまって、笑顔で「すごいですね!」と伝えてお別れしました。

アオリイカ美味しいんですよね!しかもキロアップのデカいアオリイカだったそう。水深も20m付近だとか…。

海へ出るとすぐにベイトの反応

そうこうしているうちにあっという間にお昼すぎ。昼から出てそのまま夕まずめを迎える予定だったので、ぼちぼちと海へ出ます。

海に出るとすぐに、ベイトの反応が出ます。

少し沖は鳥も水面も見ながらひたすらと飛んでいる状況。

これはなかなかいい海況かもしれない。

と思いながらトップ狙いでルアーを投げ続けたのですが、特に反応はなく、ベイトの反応がびっしりと出続けているボトム狙いでワームに変える。

投げては巻いて、落として、また巻いてを繰り返していきます。

すると!

コンコンッ!

何かが喰ってきた!
…けど、引かないなぁ。


これはエソか???

と、ほとんど引かない魚が見えて驚いた。

マゴチだ!(しかもデカい!)

目視では50cmはあったように見える。マゴチもタモが見えたのだろう。急に暴れ出した!

渾身の連続首振り!!

この首振りでしっかりとバレてしまった!ゆっくりと返って行ったので、タモで何とか掬えないか頑張ってみたがダメだった…。

首振りの時にベイトを吐き出していた。なんだかごめん。

他のアングラーはアオリイカが絶好調

夕まずめまで粘ったのだが、その後、私のロッドがしなったり、ゴゴンとなる事はなかった。海から上がり周りのアングラーに話を伺うと、アオリイカが絶好調だったらしく、キロアップが2杯とか、合計5杯とか、羨ましい限りの釣果によだれが出た。

この日お会いできたカヤックアングラーのホットレモンさんもとても良い釣果を残していた。

アオリイカは本当に美味しんだよな…。

この日はアオリイカを想像しながらビールを飲んで、車中泊をした。

翌朝 トラフグっぽいフグ

翌日は、朝まずめ狙いでしっかりと3時すぎに目覚ましをかける。釣りポイントでする車中泊は、寝坊の心配が全くなくとても快適だった。

この日は、茨城で知り合ったカヤッカー、セントくんと一緒に釣りである。

風が吹いたり止んだり

朝は多少風が吹く程度だったが、陽が昇ると全くの無風になり、SUPを漕ぐには快適な海況になった。

しかし、この日はとても渋く、全く魚の反応がなかった。

沖の根狙いでひたすら漕ぐ

このエリアは、少し頑張って漕ぐと根があり、水深も一気に150mクラスになるとても面白いエリア。浅場で反応がなければ、深場に行ってジギングもできるという魅力的なエリア。

この日は浅場での反応が全くなかったので、最後に沖の根を頼りに行くことにした。

根でジグを落とすとトラフグ

根に着いたので早速ジグを落とす。メタルアディクト重さは60g。
着底するとすぐに反応があった。

ん?何か重い?


ゴンゴン!

なんか付いてる!

首を激しく動かす感覚が伝わってきた。

デカい?


上がってきた魚影を見てびっくり!トラフグだ!そこそこサイズもある!

初めて釣った魚だった。美味しい魚である事には間違いないのだが、さばくには免許が必要なので、今回は泣く泣くリリース。

よくよく調べると、今東京湾でトラフグが大発生しているそう。それも、マフグとトラフグのハイブリット種も多く発生しているとか。確かに、触り心地がツルッツルでとても気持ち良かったのだ。トラフグは小さな棘がありザラザラしているそうなのだが、今回釣れたフグはツルツルだった。すると、完全にトラフグではない可能性が高い。

と言っても、このハイブリットフグもとても美味しいらしい。食べたかった。

このタイミングと同じ時に、近くで釣りをしていた船の方はヒラメを釣っていました。

その後は、風も吹き出し、風に乗る形でゆっくり帰っていった。

1泊2日で魚を引き寄せたルアーたち

1日目はマゴチ。2日目はトラフグハイブリット。底物と何でもオールマイティに使えるルアーがこのふたつ。

マゴチ釣れたルアー:スライドボムとスタビシャッド

スライドボムはとにかく根掛かりしにくい構造だ。フックがほぼフリーで、フックが後から付いてくる動きなので、岩場周辺もガッツリと攻める事ができる。

Major Craftのワーム、スタビシャッドも、低価格ながら4本入り、目もあってお得なワームだ。

これ使ってました!

トラフグハイブリットを釣ったルアー:メタルアディクト01

シーバスから青物まで、色んな魚が狙えるルアー。落下する時はヒラヒラと落ちていくので、魚にしっかりとアピールしてくれる。常にルアーボックスに入っているルアー。

リトルジャック(Littlejack)
¥1,019 (2024/05/25 15:16:50時点 Amazon調べ-詳細)
これ使ってました!

この日のSUPフィッシング動画

ABOUT ME
じゅん
じゅん
東京湾のSUPマニア
東京湾でSUPフィッシングをしています。深夜からの大混雑な場所取りが苦手でSUPフィッシングを始めました。始めて3ヶ月目でまさかの78cmシーバスが釣れ、翌年秋にはワラサもたくさん釣れて、今ではどっぷりとSUPにハマっています。平政、ブリ、サワラ、鯛、太刀魚、カンパチ、シーバスを年中追いかけています!
記事URLをコピーしました